メイクセラピー検定は学生でも受験できる? 年齢制限や受験条件など徹底解説!

メイクセラピー検定は学生でも受験できる? 年齢制限や受験条件など徹底解説!

メイクセラピー検定は、美容業界だけでなく、医療・福祉業界でも大注目の資格です。

 

持っていればすぐに仕事に応用でき、お客様や患者様に信頼されます。

 

でもメイクセラピー検定と聞くと、「敷居が高いな…」と感じる方もいるでしょう。

 

また、
「まだ学生だから、年齢制限に引っかかるのでは?」
「美容の仕事をしていないとだめなんじゃ…」

 

そんな疑問を抱く方も多いはず。

 

でも、メイクセラピー検定は年齢制限がなく学生でも受験できるどころか、美容での実務経験がなくても問題ありません!

 

今回はメイクセラピーの受験条件どんな人がメイクセラピー検定を受けているのか、種類別に細かくチェックしていくので最後まで見てくださいね♪

 

メイクセラピー検定の公式サイトへ


メイクセラピー検定はどんな資格?

メイクセラピー検定はどんな資格?

メイクセラピー検定は、一般社団法人「メイクセラピストジャパン」が運営する民間の美容資格です。

 

メイクセラピーとは、外見を美しくするだけでなく、メイクの前向きで明るい気持ちにする力を利用しつつ、心理カウンセリングによってメンタルサポートをしていく化粧療法の一種です。

 

メイクセラピストとは、

  • 色彩学
  • 印象分析
  • 目の錯覚効果
  • コスメの質感

これらを活用したメイク手法で「なりたい自分」を実現し、自己肯定感を高めてくれるメイク・カウンセリング技術を持つ人を指します。

 

近年メイクセラピーの効果やメイクセラピストのお仕事に注目が集まり、美容業界だけでなく、医療・福祉業界でもメイクセラピーを取り入れられています。

メイクセラピー検定の受験条件はある?

メイクセラピー検定の受験条件はある?
メイクセラピー検定は、3級・準2級・2級・1級・特級の5種類のレベルに分かれており、特級を合格するとプロのメイクセラピストとして活躍できます。

 

メイクセラピー検定特級と1級は受験条件があります。1級はメイクセラピー2級の取得が必須です。

 

特級受験は

  • メイクセラピー検定1級取得
  • 二日間の特級認定講座受講
  • 活動報告書の提出

が必要となります。

 

メイクセラピー検定3級・準2級・2級は、受験資格に制限が設けられてなく、誰でも受験可能です

3級 準2級 2級 1級 特級
受験条件 なし なし なし 2級合格

1級合格

 

特級認定講座受講

 

活動報告書提出

中でも、メイクセラピー検定3級と準2級はオンラインでの受験が可能なので、好きな時間で受験できると学生主婦の方にも人気があるんです!

 

メイクセラピー検定の公式サイトへ


メイクセラピー検定は学生でも受験できる?

メイクセラピー検定は学生でも受験できる?

メイクセラピー検定は、特級と1級に受験条件が設けられていますが、年齢による受験制限はありません!

 

メイクセラピー検定特級を受験する際に必要となる「活動報告書」には、

  • メイクに関わる実務経験が3年以上ある方
  • 実務経験がない、または実務経験が3年未満の方

このどちらに当てはまるかで提出する書類が異なります。実務経験がなくても、メイクセラピーを3名分行った実績を活動報告書として提出すればOKです。

 

メイクセラピー3級・準2級・2級は、年齢制限も受験条件も定められていないので、専門学生や大学生でも気軽に申し込めますよ♪

 

メイクセラピー検定が授業カリキュラムに

メイクセラピー検定は、今や多くの美容専門学校や大学などの授業カリキュラムに登録されるほど、学生の方でも学べる環境が増えています。

 

特に美容専門学校では、メイクセラピー検定1級の合格を視野に入れたコースを用意しているところも。

 

プロのメイクセラピストを講師として招き、美容業界への就職を希望する生徒に向けて化粧心理学やカウンセリング時のコミュニケーション方法について、高度な授業を行います。

 

また、メイクセラピー検定を合格した生徒が、実際に一般のお客様へカウンセリングをしながらメイクを施す模擬サロン運営の授業まで提供している学校もあります。生徒同士ではなく、一般のお客様と接することで、接客スキルやコミュニケーションの技術向上に繋がります

 

最近では美容学校だけでなく、メイクセラピー3級合格を目指す授業を導入している4年制大学医療・福祉分野の短大もあるんです。

 

学生の方でも、持っていれば安心して社会に出れる頼もしい美容資格ですね♪

メイクセラピー検定は社会に出ても役立つ!

美容系の企業へ入社した場合、最初の1ヶ月?半年ほどは研修期間で、基本的な皮膚理論やメイクアップ技法、社会人としてのマナーを学びます。

 

その後実際に店頭やサロンに立ってお客様をお迎えすることになりますが、どんな商品をお求めなのか、どんなメイクをしたくてその商品を買おうとしているのかなどを引き出して、販売に繋げなければなりません。

 

この時、メイクセラピー検定で学んだ「心理カウンセリング」を活かせれば、お客様とのコミュニケーションがスムーズになります。

 

メイクセラピーを取り入れる学校が増えているものの、いまだ多くの美容学校では、カウンセリング方法まで触れないことが多いです。これは医療・福祉業界でも同じことが言えるでしょう。

 

学生中にメイクセラピー検定を取得したり勉強しておくことは、仕事に就いた時に必ず「学んでおいて良かった!」と思えるはずです♪

メイクセラピー検定は就活でも使える!

メイクセラピー検定は就活でも使える!

 

メイクセラピーは、仕事だけではなく、就職活動でも使えます。

 

メイクセラピー検定は、履歴書の資格欄に書けるれっきとした美容資格です。

 

特に美容業界への就職を考えている方は、持っていれば大いに役立つことでしょう。

 

大手の化粧品メーカーでは、美容部員やセラピストにメイクセラピー検定の取得を義務付ける企業も増えているんです。就活時に資格取得をアピールすれば、人事の目に止まるかもしれません。

 

また、メイクセラピーの内容は面接時にも活用できます。自分が相手にどのような印象を与えるかをコントロールする「印象管理理論」や、相手との関係を円滑にする「コミュニケーション法」を有効に使えれば、自信を持って就職活動に臨めますよ♪

 

メイクセラピー検定の公式サイトへ


 

メイクセラピー検定の受験者割合

メイクセラピー検定の受験者割合

メイクセラピー検定は2005年に検定が発足され、現在まで14,000名以上の方が受験しています。

 

美容学生や美容部員、エステティシャンなど主に美容に携わる方が受験されますが、最近ではカウンセリングなどの心理アプローチを学べることが注目され、人事担当のヒアリング力を伸ばすために一般企業でも受験を推奨されるようになりました。

 

そんなメイクセラピー検定を受験する方の割合を、種類別にご紹介します。

メイクセラピー検定受験者の主な職業

メイクセラピー検定受験者の主な職業

 

第54回メイクセラピー検定(1級・2級・3級)の受験者を職業別で見てみると、学生の方が19.6%で最も割合を占めています。個人で受験される方も多いですが、大学・短大・専門学校など教育機関でのカリキュラムに組み込まれているところは団体受験を行っています。

 

また、学校によってはメイクセラピー検定3級を受けた生徒の合格率が100%といったところもあるほど、積極的にメイクセラピーを学ぶ環境が整っています。

 

また、美容関連のお仕事をしている方の割合17.4%についで多いのが医療・福祉関連で、合計26%という高い受験率です。

 

入院生活や老人ホームでの生活を続けていると気持ちが塞ぎがちですが、ネガティブな気持ちを取り除くメイクセラピーは、患者さんのカウンセリングやメンタルサポートを後押ししてくれます。

メイクセラピー検定受験者の主な年齢

メイクセラピー検定受験者の主な年齢
メイクセラピー検定の受験者年齢割合は、10代・20代が受験者数の半数を占めています。早い方だと高校生で取得される方もいます。また、20代の方は学校の授業の一貫として取得するほか、就職活動に向けて資格の勉強をする傾向にあります。

 

さらに、キャリアアップを目指す30代・40代の受験者数も年々増加しています。中でも美容業界でのキャリアを積まれている方であれば、メイクセラピー検定はお客様から信頼され、仕事の幅が広がります。

 

一度メイクセラピー検定を合格すれば、期限なくずっと保持できるので、産休や育休で仕事を離れた方でも復帰しやすく、すぐに重宝される存在となるでしょう。

 

メイクセラピー検定を受験するのに早い遅いはありません。10代・20代の学生の方や主婦の方でも気軽に受験できるので、まずは3級からチャレンジしてみてくださいね♪

 

メイクセラピー検定の公式サイトへ


まとめ

まとめ

メイクセラピー検定は、

  • 3級・準2級・2級は受験制限なく誰でも受けられる
  • 特級は受験条件はあるものの、実務経験がなくてもOK
  • 美容専門学校や大学での授業に導入されている
  • 年齢制限がないので学生や主婦の方にもおすすめ

というように、誰でも受験できてすぐに仕事に使える資格です。

 

就職活動や、転職活動をする方は、履歴書にも書けるのでアピール材料にもなりますよ♪
まずはメイクセラピーがどういうものか知りたいという方は3級や準2級学校や仕事でメイクやカウンセリングを学んだことがある方は2級からの受験がおすすめです!

 

メイクセラピー検定の公式サイトへ